パパの手術終わったでしゅ

ダロちゃんでしゅ 
今日で今年も終わりでしゅが 
パパが歩けなくなって 
12月27日に無事手術が終わったでしゅ 




パパは26日朝、北里大学病院に入院したでしゅ 
看護婦さんから、「夜6時に先生から説明があるので、奥様も立ち会ってください」と言われ 
ママは結局、一日病院に居て 
これ看護婦さんがやる仕事じゃないの?という事を、一日やってきたでしゅ 
クタクタになって夜帰ったら、チャロさまは、泣きながらの遠吠えをしてたでしゅ



翌27日、パパは、目に涙を浮かべながら、手術室に入ったでしゅ 
パパの病気は、頸椎性脊髄症(けいついせいせきずいしょう) 
頸椎ヘルニアから、脊髄の髄液が流れていなかったでしゅ 
でも、ずーっと原因不明で、歩けなくなって初めて、12月に入ってから脊髄症だと分かり 
緊急手術?となったでしゅ 
普通だと3ヶ月待ちでしゅ 



28日、パパはたくさんのリード 管につながれて、身動きできず 
首が痛い痛い、と言っていたでしゅが 
パパの首は後ろからの横開きだったでしゅが 
パパは真ん中を切ったと思ってたらしく、古傷が痛むと、傷口を触っていたので 
ママが、横開きだから、そこ、傷口だけど、と言ったでしゅ 

ところで、チャロさまは、初日こそ鳴いていたでしゅが 
その後、パパが居ない事に、何とも思ってないようで 
普通にご飯を食べ、いつものようにママと甘えんぼして寝んねしてたでしゅ 
大物でしゅ 
マロちゃんだったら、パパが帰ってこなかったら、一晩中玄関でクゥ~ン、クゥ~ンと鳴いてたでしゅ 



29日、パパは車椅子に乗ったでしゅ 
驚異の快復力か、医学の進歩か? 

チャロさまは、何かを感じたらしく、パパの部屋を確認に行ったでしゅ 
パパが居ない事に気づいたのか 
なあんだ居ないのか!って感じで、リビングでくつろいでいたでしゅ 



30日、パパは歩いたでしゅ
そして、手術前は10分間隔位でトイレに行ってたでしゅが 
連れていくママは、とても大変だったでしゅが 
何時間経っても、トイレに行かないので、ビックリしたでしゅ 

排尿排便困難も脊髄症の症状の一つだったでしゅ 
とにかく、良かったでしゅ 


31日、リハビリが始まったでしゅ 
が、リハビリは正月休みに入り、あまりリハビリも出来ず 
パパはお正月も入院でしゅ 

執刀医の先生が来たでしゅ 
もう歩ける、と言ったら 
ビックリして、「杖をついて?」と聞いてきたので 
先生の前で、杖無しで歩いて見せたでしゅ 

執刀医の先生が早い、と言ったので、驚異の快復力の方のようでしゅ 






と、こんなわけで、今年のマロ家は大変なこと続きだったでしゅ 




で、ママはというと、お疲れはピークでしゅ 
腰痛は、パパの手術前の24日に、左肘と腰に注射をしてもらったでしゅ 

それと、左腕にテニス肘用のバンドをもらったでしゅ 
そのバンドはサポーターより腕の動きを制限するでしゅが 
シップをしなくても楽な位いいでしゅ 
最初から、こっちをくれてればよかったのに、と思ったでしゅ 

 



今年は、ブログの更新もあまりしてなかったでしゅが 

いつも来てくれてありがとうでしゅ 

ダロちゃんは、とっても嬉しかったでしゅよ 


ダロちゃんから、いっぱいの愛を皆しゃんに贈るでしゅ~ 



それでは、よいお年を! 












にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

もう限界!ママも動けなくなったでしゅ

ダロちゃんでしゅ 
パパが歩けなくなって 
介助するママは、もう限界でしゅ 
腰が痛くなって動けなくなったでしゅ 




パパの病院に付き添ったり 
車椅子を借りに行ったり 
ママは疲れてたでしゅ 

車椅子を借りてきて  
車椅子の乗り方でもケンカになるでしゅ 
車椅子を押すママは、凄い力がいりましゅ 


パパが、足で蹴って車椅子を動かそうとした時も、ママは怒ったでしゅ 
パパは、「あっ、早かった?」と言ったでしゅが 
一生懸命、前に押してるママに、足で蹴ると車椅子は後ろにさがってきましゅ 
「人に負担をかけないような、乗り方をして!」とママが怒ったでしゅ  



初めて外を散歩した時も 
杖を持って行って、と言うママに 
パパは、手で持てない、とダダをこねて、持って行かなかったでしゅ 
案の定、車椅子が通れない段差があったでしゅ 
そして、おうちの前まで帰って来たとき 
パパは、「もう大丈夫、出来る、出来る」と言って車椅子を、勝手に降りたでしゅ 

車椅子を降りるときは 
ギリギリ玄関に着けて、ブレーキをかけて、足置きを上げないとならないでしゅが 
勝手に降りたパパは、案の定車椅子の足置きに引っかかり 
なんと、左後ろに倒れてきたでしゅ 
ママは、テニス肘+手根管症の左腕で押さえたでしゅが 
折れたかと思うほどの衝撃で激痛に襲われたでしゅ 

整形外科に行って、レントゲンを撮ってもらったでしゅ 
幸い折れてはいなかったでしゅが 
左肘に注射をしてもらったでしゅ 

パパは、杖を持って行かずに、勝手に立ち上がって転び 
ママに怒られたでしゅ 



次に出た時は、杖はママが持ったでしゅ 
パパが、チャロさまのリードを持つ、と言って 
左腕を横に出してたでしゅ 
それだけで、空気抵抗が起き、車椅子が重くなるでしゅ  
「腕を出すのは、やめて!」と、リードはママが持ったでしゅ 
そして、また怒られたでしゅ 


そして、病院に行って帰って来た時 
マンションの前に3~4cm位の段差があるでしゅ 
男を押すママには、登れないでしゅ 
ここで、降りてもらわないとならないでしゅが 
もう、歩くと言ったパパは、杖を突きながら 
左手で車椅子の右の肘あてにつかまって歩いたでしゅ 
空の車椅子の右をつかまれると 
車椅子は左に行ったでしゅ  
ママは、バランスを取って、凄い力で真っすぐ押したでしゅが  
「いい加減にして!乗って!負担をかけないでって言ったでしょ!」ママは、また怒ったでしゅ 



そして、限界がきたでしゅ 
凄く疲れている上に
太ももと腕の筋肉痛に加え 
椎間板ヘルニアを持つママの腰は 
刃物で刺された様に、グサッ、グサッ!っと痛むようになったでしゅ 


それでもママは、チャロさまのお散歩に行って 
郵便局に行って、整形外科に行って、買い物をして帰ったでしゅ 

整形外科では、非常に悪い状態だと、言われたでしゅ 


帰ってママは、倒れたように寝たでしゅ 
正確には、気を失っていたでしゅ 

パパが大声で怒鳴り散らしてるので、気がついたでしゅ 
起こしたのは、5回目だと言って怒って、早く飯を作れと言ったでしゅ 

ママは、5回も起こされた記憶も、寝てた記憶もなかったでしゅ 
気づいたら、凄い剣幕でパパが怒ってたでしゅ 


そして、またケンカになったでしゅ 





翌朝、ママは、チャロさまのご飯を作ろうとキッチンで立っていた時 
腰に、ドーンと車でぶつけられたような激しい痛みに襲われ 
しゃがみこみ、立てなくなったでしゅ 
ママは、救急車を呼ぼうとしたでしゅが 
携帯電話が遠くにあって、呼べなかったでしゅ 



ついにママは、動けなくなったでしゅ 





 
車椅子は、2週間無料で貸してくれるでしゅが 
あした、返しに行かないとならないでしゅ 
ママは、行けるかどうか分からないでしゅ 














にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村







テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

パパが歩けなくなったでしゅ

ダロちゃんでしゅ 
パパが歩けなくなったでしゅ 
夏ごろから、おかしかったでしゅが 
原因不明のまま時が過ぎ 
11月下旬には、会社に行けなくなったでしゅ 




パパは、ずーと、頸椎ヘルニアで北里大学病院に通っていたでしゅが 
本当に歩けなくなるまで、原因不明のままだったでしゅ 

ターニングポイントは、主治医が休んで、代診の先生に診てもらった時と
その後、転んで、駆け込みで別の先生に診てもらった時でしゅ   

ついに、病名が判明したでしゅ 
病名は、頸椎脊髄症(けいついせきずいしょう)で、手術が決まったでしゅ 

イラついたパパは、ママに当たり散らし、ケンカが絶えず 
ママは前から、離婚を考えてましゅ 




そんなとき、実はママにも悩みがあったでしゅ 
離婚を考えてるママは、パパには相談しなかったでしゅ 

お腹に、しこりのような、固い出来物を、2ヶ月前くらいに見つけたでしゅ 
どうしたらいいのか、悩んで、悩んで 
整形外科の先生に診てもらったら 
 
先生、「消毒」 
看護師さんが消毒して 
先生、「化膿止め出しておくから、それから手術ね!」 

ママ、「はぁぁ~~~!そんなに大げさなことですか?」

先生、「あした、消毒に来てね♡」 

絶句 (。>(ェ)<。)エエェェェ! 




とにかく、パパが歩けない分、ママがやることが多くなって 
今週は、北里大学病院に2回付き添ったでしゅ 
1回目は、手術の先生の診察で 
2回目は、術前検査で 
車椅子を押すママは、太ももと腰が痛く 
テニス肘+手根管症の左腕も、また激痛でしゅ  

今日は、パパが高血圧なので、「手術が出来ないから、ガンと下げてくれ」と言われたので
いつも行ってる内科に、タクシーで行ったでしゅ 

近くの病院もタクシーで行くのは大変なので 
車椅子を借りる手配をしたでしゅ 


もう、お疲れママは、一応聞いてみたでしゅ 
車椅子を借りに行くのに、自転車で行って持って帰れますか、と

… 
無理でしょ! 





チャロさまはというと 

相変わらず、パパに吠え続け 

ケンカ売ってましゅ 

将来、不良になるのでは?と心配するママでしゅ 








 






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

 

  



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

マロママ

Author:マロママ
磨呂
1998年6月13日生まれ
ミニチュア・ダックスフント
男の子
声楽教室の看板犬で広報部長
2012年10月24日天国へ
天国から、このブログを書いていたが 
チャロが来てから、ブログはダロちゃんに託す

ダロ
ダロちゃん

2013年3月3日生まれ
ミニチュア・ダックスフント
男の子
磨呂の魂が入る身体
チャロを温かく見守る磨呂の使い
このブログのリポーター

チャロ
2013-11-26 009syou
2013年9月20日生まれ
ミニチュア・ダックスフンド
毛色:レッド
性別:男の子
やんちゃなくせに、ママべったりの甘えん坊
パパには、激しく吠え、No.1争い中
いい子になるため修行中?
ハンドメイド 洋服
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
磨呂の日
ダロのお誕生日
チャロのお誕生日
チャロのお友達リンク
最新コメント
FC2ブログランキング
ミニチュア・ダックスフンド
楽天
月別アーカイブ
お客様
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
にほんブログ村
アルバム
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR