処方箋を間違う医者:相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

マロママです 
いつもご訪問ありがとうございます 
私が、整形外科に通っている話の続きです 



前の記事は お騒がせしましたが… 


左腕の激痛が治らず 

相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科に行きましたが  





もう通うのを止めました 
  




その整形外科の先生は、話をしにくく 

症状とかも本当の事を、言いにくい先生です 


そして 
 
毎回、処方箋を間違えます



家に帰ってから、薬の間違いに気づいた事…1回 

薬局で間違いに気づいて電話をしてくれたのが…4回 

そのうち3回は、午後1時を過ぎたため、休憩中電話がつながらないので、3時まで待ちました 



電車で通っているので、さすがに2時間も待つのは、耐えがたい苦痛です 

それが、3回です 

3回もです 

毎回です 




とても、言いにくい事ですが、私は、思い切って、その事を先生に言いました 


そしたら、烈火のごとく怒って、私に 

「あなたがちゃんと聞いていないからだ!
アイセイ薬局には行かないでくれ!」 


と、怒鳴られました 


これは、私が聞いていないからでも、薬局のせいでもなく 

先生が、処方箋を間違うという、重大な医療ミスなのです 



医療ミスなんですけど!! 



自分のミスを、患者のせいにする医者って信じられますか? 

自分のミスを薬局のせいにする医者ってありえますか? 





しかも、その事を言って、怒鳴られた日の処方箋も間違っていたのです 

1時5分前に、薬局に駆け込んだ私は、最初に薬剤師さんに、間違いないですか?と聞きました 

薬剤師さんは、見た途端、「間違ってますね、すぐに電話します」としてくれたので 

その日は3時まで待つ事はなかったのですが 



言われたその日に間違うなんて 

あれは、怒り狂った先生が、わざと嫌がらせで、間違えたのか?と 

疑念が消えません 




医者の性格にも、大きな問題がありそうです 


そんなこんなで、この危険な病院に行くのは、止める事にしました 













にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マロママ

Author:マロママ
磨呂
1998年6月13日生まれ
ミニチュア・ダックスフント
男の子
声楽教室の看板犬で広報部長
2012年10月24日天国へ
天国から、このブログを書いていたが 
チャロが来てから、ブログはダロちゃんに託す

ダロ
ダロちゃん

2013年3月3日生まれ
ミニチュア・ダックスフント
男の子
磨呂の魂が入る身体
チャロを温かく見守る磨呂の使い
このブログのリポーター

チャロ
2013-11-26 009syou
2013年9月20日生まれ
ミニチュア・ダックスフンド
毛色:レッド
性別:男の子
やんちゃなくせに、ママべったりの甘えん坊
パパには、激しく吠え、No.1争い中
いい子になるため修行中?
ハンドメイド 洋服
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
磨呂の日
ダロのお誕生日
チャロのお誕生日
チャロのお友達リンク
最新コメント
FC2ブログランキング
ミニチュア・ダックスフンド
楽天
月別アーカイブ
お客様
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
にほんブログ村
アルバム
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR