2016/10/08

納骨

マロママです 
いつもご訪問ありがとうございます 
先日6月15日に亡くなった義母の納骨が終わりました 



10月1日 開眼法要と納骨の儀が  
霊園に頼んで来ていただいた、ご住職によって執り行なわれました 

お墓の中

お墓が開けられました 
天気予報は雨でしたが、曇りのまま、もちました 
 
ご住職は若い方で、葬儀の時もそうでしたが 
安く来てくださるご住職の方が、徳のある方のようです 
もちろん、渡されたお布施を、数えるなんて事はしません 

マロ家のお寺のご住職は、その場で封筒を開け 
高額な紙幣を数え、領収書を発行します 
その額、お墓が買えるほどの額なので 
マロ家は、霊園にお墓を買いました 

開眼法要とは、新しいお墓に魂を入れる事だそうです 
そして、納骨の儀に進み 
ご住職のお話しになりました 

お墓に刻まれた「ありがとう」という言葉は仏教用語だそうです 
このお墓は、マロの事を思ってデザインした物なので 
ママは、マロの事を思い、涙ぐみながら聞いていました 
はたから見ると、姑のために泣いている、良い嫁に見えたかも… 


 


お花

お花は、ぽぷらえん に頼んだものです 
1週間前に注文した時、ひまわりを入れてください、と言ったのですが 
もう無い、という事でガーベラで代用することになっていたのですが 
当日取りに行ったら、探してくれたそうで 
ひまわりが10本も入ってました 

ぽぷらえんさん、ありがとうございます 


その花束が、切ることなくすっぽり入ったお墓の花受けにも、ビックリです 



こうして、義母は眺めのいい所に、眠ることが出来ました 







ところでマロの遺骨は、今回納骨しませんでした 

今年もマロが苦しんだ10月になりました 

マロの苦しみを思い出し、涙が止まりません 

それほど、マロは衝撃的な死に方をしました 


代々の犬が母親の胸の中で、静かに息を引き取ったので 

マロも私の胸の中で静かに亡くなると思っていました  



マロが苦しんだ分 

悲しみは大きく 

まだ、マロの遺骨を手放すことは、できません 




 







にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村


 




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お墓は立派でお花も綺麗~^^
マロちゃんとお義母様喜んでいるでしょうね。
ありがとうが仏教用語なんて
知りませんでした~
この年齢にきて・・知る事多いです^^;
悲しい事ってずっとずっと忘れられないんですよね(涙)
私もレオが大変だった時の事。。鮮明に覚えています;;
でも今はマロちゃんもレオも
天国で元気に楽しく暮らしていますよね☆

レオママさん、ありがとうございます 

やっぱり大きなお花が入ると豪華できれいになりますね
私も、知りませんでした~
しかも、ありがたいお言葉の内容、全然覚えてません
レオちゃんもマロも仲良しお友達になったかな?
きっと楽しく暮らしてますね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます